読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートの「成り上がり日記」

旅のことや日常のことを書いていきます

ディズニー映画「モアナと伝説の海」の舞台となったことで今世界が注目している国「サモア」

知名度で言ったら、若干低めで知らない人も多い国「サモア」

ディズニー映画「モアナと伝説の海」の舞台となったことで、ディズニーファンの間では、注目されていて、訪れる人も多くいるそうです。

でも、「サモア」って実際どんなところなのか?サモアと言われても、ピンとこないと思います。

 

f:id:sky_chord1003:20170423214629p:plain

 

 

映画の舞台となった「サモア」を丸裸にしてみよう

サモアとは

太平洋の中心に位置するのどかな島国、サモア。この国の島々には、美しい白い砂浜、緑豊かな山林、温かく迎えてくれる昔ながらの村々があります。

サモアの素晴らしい島々の、自然のままの入江の見事な海岸線、目を見張るような溶岩流層、周囲に広がるターコイズ ブルーのラグーンを、巡ってみませんか。温かい海に潜ったり、うっそうとした熱帯雨林の中を歩いて、壮大な滝の下の透き通った滝つぼでくつろいだりしましょう。伝統的な昔ながらの村で郷土料理を楽しむのもおすすめです。オカ (サモア風刺身) や、ウムという地面に掘ったかまどで豚肉や野菜を蒸し焼きにしたウム料理を味わってみてください。

サモアを構成する 10 の島々はどれも人口が少なく、空気も水もきれいで、穏やかな雰囲気が流れています。豊かではありませんがとても温かくもてなしてくれるサモアの人たちは、古くからの儀式やゆっくりとしたペースの生活を大事にしています。

 

f:id:sky_chord1003:20170423214145j:plain

 

f:id:sky_chord1003:20170423214142j:plain

アピア

アピアは、地元の人たちが親切で、新鮮な食べ物やサモア随一のショッピングを楽しめる、のんびりとした島の街です。比較的小さな首都で、ほとんどの住民は徒歩で移動しています。多くのホテルやレストランはダウンタウンにあり、市場、博物館や中央ビジネス地区など、すべてがここからさほど遠くない所に集まっています。

アピアは、空港があることや、この街が位置するウポル島の他の場所に行きやすいために、多くの場合、サモア旅行の最初の訪問地となります。サモアの文化を実感するのに、アピアで数日過ごすのはいいことでしょう。もちろん、買い物もお楽しみいただけます。アピアの食品市場では、バナナ、タロイモ、ココナッツなどの地元で採れた農産物を買い求める家族連れの姿が見られます。タロイモの葉とココナッツ クリームで作られるルアウなどの伝統料理を味わってみませんか。ビーチ ロード沿いにある古い市場の建物で開かれるフリー マーケットには、サモアの伝統的な手工芸品が並んでいます。近隣の村で作られた、サロン (巻きスカート)、彫刻、ボウルや織り敷物を、ぜひ手に取ってみてください。

サモアの食は、伝統的な料理と世界の料理が組み合わされていると言えます。地元の人たちが開いている小さなレストランでは新鮮なシーフードやトロピカル フルーツを楽しんだり、海外からの移住者が経営するレストランを予約してさまざまな料理を味わったりすることができます。ドイツ、フランス、日本、中国、イタリアなど、世界各国から訪れてそのまま移住した人たちの影響が強く感じられます。

 

f:id:sky_chord1003:20170423214249j:plain

 

f:id:sky_chord1003:20170423214246j:plain

 

アピアのホテル情報

旅行などで行く人は参考にしてみてください。

 INSEL FEHMARN HOTEL インゼルフェーマルンホテル

アピアの中心部から車で5分ほどに位置する、ビジネス、観光ともに便利な場所にあります。 3階建てのホテル最上階からは、アピアの町と海を見渡すことができます。アピア中心部と比べると、やや涼しい場所でもあります。プライベートパティオつきのお部屋もあり。

 

ホテルインフォメーション

  • サモア空港から車で約45分
  • アピア中心部まで車約5分
  • レストランバー、スイミングプール、テニスコート、両替サービス、
    ランドリーサービス(有料)、Wi-Fi (有料)、ツアー手配アシスト

    f:id:sky_chord1003:20170423215832j:plain

 

f:id:sky_chord1003:20170423215830j:plain

HOTEL MILLENIA ホテルミレニア

 アピア中心部、ハンディクラフトマーケットなどへ徒歩5分ほど、有名なビーチやサーフィンスポットまでは、車で30分ほど。トロピカルガーデンを眺めるお部屋とフレンドリーなスタッフがお迎えいたします。


ホテルインフォメーション

  • サモア空港から車で約30分
  • アピア中心部まで徒歩約5分
  • レストランバー/ラウンジ、スイミングプールスパ (有料)、両替サービス
    ランドリーサービス(有料)、インターネット、ツアー手配アシスト

f:id:sky_chord1003:20170423220321j:plain

 

TANOA TUSITALA HOTEL タノアツシタラホテル

 12エーカーのトロピカルガーデンに囲まれたホテル。改装により、全95室の部屋は、モダンな雰囲気でありつつもホテル全体としては、伝統的なサモアらしさを感じることのできるものとなりました。アピア中心部までは、徒歩3分ほど。

ホテルインフォメーション

  • サモア空港から車で約30分
  • アピア中心部まで徒歩約3分
  • レストランバー/ラウンジ、スイミングプールスパ (有料)
    テニスコートランドリーサービス(有料)、Wi-Fi (有料)、ツアーデスク

 

f:id:sky_chord1003:20170423220516j:plain

 

f:id:sky_chord1003:20170423220527j:plain

マノノ島

マノノはサモアで 3 番目に大きな島ですが、ゆっくり歩いても、2 時間ほどで 1 周することができます。そこで、じっくりとお気に入りのビーチを選んで、静かなラグーンで涼んだり、ヤシの木陰の下で昼寝をしたりしてみてはいかがでしょう。足を延ばして、さまざまな遺跡が見られる島の内陸部を巡るのもおすすめです。この島で夜を過ごせるのなら、ファレという伝統的な家屋で宿泊し、温かく迎えてくれる地元の人たちによって準備される昔ながらの食事を味わうのもいいでしょう。


マノノ島の面積はわずか 3 平方 ㎞ (1 平方マイル)。1,000 人足らずの人たちが 4 つの静かな漁村に別れて暮らしているこの島は、ただのんびりと静かな時間を過ごしたい人にはぴったりの場所です。この島では、車や自転車がないのはもちろん、犬や馬を飼うことも禁じられています。電気だけは 1995 年に導入されましたが、まだ伝統的な生活様式にそれほど影響を与えていないようです。


干潮時には水が引いた洞窟 (どうくつ) 内の潮だまりを見に行ったり、満潮時にはラグーンの透き通った海で泳いだりしましょう。マスク、フィン、シュノーケルを身に着けて海の中に潜り、保護されたこの海洋環境に生息する色鮮やかな魚やサンゴ種を見ることもできます。

 

f:id:sky_chord1003:20170423214545j:plain

 

f:id:sky_chord1003:20170423214542j:plain

 

「モアナと伝説の海」のちょっとした情報

f:id:sky_chord1003:20170423221204j:plain

 

f:id:sky_chord1003:20170423221217p:plain

 

これをアローファガ・ブローフォールと言います。映画でも実際に使われています。なぜこのようなことが起きるかと言いますと、岸壁に開いた穴が、地上の小さな穴に繋がっていて、波が打ち寄せたときの巨大な水圧が小さな穴に掛かり、凄い勢いで潮が吹き上げるのです。

 

f:id:sky_chord1003:20170423221833p:plain

 

最後に

サモア人は、肥満の人が多く、サモアの航空会社は体重で金額を決めるほど。