読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートの「成り上がり日記」

旅のことや日常のことを書いていきます

一足早い5月の花火大会!?ハウステンボスで海外トップクラスの花火を鑑賞出来る!

長崎「ハウステンボス」にて、「世界花火師競技会 海外予選」が5月4日、6日、20日、7月16日に開催されることになっています。

 

 

桜の季節が終わり、夏が来る。夏のイメージが大きい花火ですが、その前に世界トップクラスの花火がここハウステンボスで体験できてしまいます。

何を決めるかというと、世界一の花火師を決める今大会。海外予選ではメキシコ、カナダ、ロシア、イギリスの強豪チームが集結し、日本の花火とは一味違った技術と演出を披露しまう。海外ならではものも見れるかもしれません。

 

7月22日の「夏一番花火大会」を経て勝ち抜いたチームが、日本代表のチームと決勝戦で戦うことになります。現在は「特別観覧席」の前売りチケットが絶賛販売中です。

 

*日本代表は「株式会社 山崎煙火製造所」その日本代表とは、9月23日に戦います!

 

f:id:sky_chord1003:20170412003121j:plain

 

🔽公式サイト🔽

www.huistenbosch.co.jp

 

日本と海外の違い

日本の花火の特徴は、形の正確さ、色合いの繊細さを重視し、特にクオリティの高い丸型の花火が魅力と言われています。

それに対して海外の花火は、やはり海外と言ったらエンターテイメント。花火もこのエンターテイメントやスケール感を重視しています。

形も丸型の他、縦に細長い形や扇型など形のバリエーションが豊富であります。

 

f:id:sky_chord1003:20170412003136j:plain

 

まとめ

今回のハウステンボスの花火は、花火との距離が近く迫力満点です。全席指定なので特別観覧席で見れば、さえぎるものがない大パノラマを体験できることは間違いないです。

どちらの花火も圧巻の一言になりますし、ここでしか味わえないものばかりで時間に余裕がある人はぜひ行ってみてほしいです。