読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートの「成り上がり日記」

旅のことや日常のことを書いていきます

野球WBC惜しくアメリカに敗れ準決勝敗退。メジャーリーガー不在がここへきて響いたか?

今日は、旅でもビジネスでもなくスポーツの話をしようかと思います。僕はスポーツ全般よく見たりするんですが、最近WBCで野球が盛り上がっていますね。

 

今日の10時〜WBC日本対アメリカの準決勝が行われましたね。結果から言うと惜しくも1−2で負けてしましました。前回大会に続き決勝に行くことが出来ずに終わってしまったことがとても残念です。

 

大会前の強化試合では思うような結果が残せていなく、不安ばかりが残る強化試合でしたが、大会が始まれば全勝で準決勝まで勝ち進みました。今大会本気で勝ちにきたアメリカは今までの大会と違ってマイナー選手ではなく現役バリバリのメジャーリーガーを呼ぶことに成功。国全体が初優勝を楽しみにしている一方、日本は多くのメジャーリーガーがいる中、青木1人の参加となった。

 

チームがOKサインを出さない限り、自らの判断で参加することが出来ないのが残念であった他、大会前に大谷の離脱も痛かった気がします。サッカーでも海外組と国内組で分かれていますが、日本代表の試合になれば海外に召集がかかればほとんどの確率でOKサインは出ます。

 

そう思うと、前よりかは良くはなってきていますがまだWBCへの関心がないのかもしれません

 

海外での経験は日本とでは大きな差がある?

 

先ほども言いましたが、サッカーにも野球にも海外組というものがある。WBC準決勝の相手はアメリカ。ここ本場で野球をやっている日本人も今は多くいますね。そういった人がチームにいるのといないのでは全く違うと僕は思います。実際に肌で感じ、本場の野球に触れている人ならアドバイスできることや、環境への対応。短期間勝負では、そういった少しのことで大きく変わると思う。

 

今日の試合も雨の中でも慣れない天然芝。何か起こってもおかしくはなかった。その中で、日本の2失点は内野のエラーから生まれたもの。確かに雨で天然芝でってことで選手もいつも以上に注意していたことかも知れませんが、1度目のエラーからの失点でもう少し注意しておきたかった。

 

もしここに、メジャーで内野をやっている人がチームにいたら声をかけたりあの失点ももしかしたらなかったのかも知れない。終わってから色々いうことではないでしょうが日本ももっと日本人が所属しているチームと話し合って説得する必要があったのではないでしょうか?

 

確かにチームの主力はシーズンが始まる前から怪我や開幕戦にコンディションを合わすのは難しいと思うけど、それは日本のチームも同じ条件。

 

次の大会はもっと世間の関心がWBCにあることを願う

 

今回の大会を見て野球好きは増えたと思うし、子供たちも目指す人が多くなったことは間違いないと思う。結果は準決勝で負けてしまったが、メジャーとの経験の差が今回の試合は左右されたのではないでしょうか?
だから、もっと多くの選手が次の大会までにメジャーに行くことが優勝に大きく繋がることだと思っています。今大会で、日本の選手の何人かメジャーのスカウトの目に止まったと思います。

 

話によると、楽天の松井裕樹は「うち(カブス)にきてもらいたい」と言っていたそうですね。このような選手が多く日本にもまだいると思います。磨けば磨くほど輝きが出るたくさんの原石が日本にはあると思います。そういった人が日本で結果を出し、メジャーに行ってもらいたい。

 

見ている側からすると、メジャーの経験と日本での経験の差は大きくあるのではないかと思ってします。年俸の差、環境の差、それ以外にも。

行くチャンスは誰にでもある。行って結果を出すのは並大抵の努力ではダメ。次回大会に向けて、たくさんのメジャーリーガーが誕生することを野球ファンは願っています。そして、優勝を期待しています。

 

素人目線から見た、今回のWBCの感想でした!ではまた!