読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートの「成り上がり日記」

旅のことや日常のことを書いていきます

アフィリエイト。稼げない人必見。初心者にありがちなミスを避けよう。

サイト、ブログを作って、「さあ、稼ぐぞ!」と意気込んだものの、いざやってみても「うまく稼げない」「何がいけないの(T ^ T)?」そんなことで悩んでるそこのあなた!!今日は色々と教えましょう(^^)

 

そこで今日は、「初心者にありがちな売れないWebサイトの例」を紹介したいと思います。これを読んで。当てはまっていたら、すぐに改善しましょう。きっと何かが変わるかも♪(´ε` )

 

 

  初心者にありがちな売れないWebサイトの例

 

 

1、自分の体験がなく、ECサイトの情報のうけ売り
 ECサイトの販売ページにある情報だけを記事にしているのはNGです。そういった記事をいくら増やしたところで読者には有益ではありません。いつになっても利益は出ません。読者が読みたいのはサイト運営者の意見や体験です。まずは自分が体験したことなどを書いてみましょう。

 

 

2、オリジナルの画像がない
   これも意外と重要。紹介するすべての商品の写真が手元にあるとは限らない。ないときはECサイトの商品画像を使うこともあるでしょう。しかし、できるだけ自分で撮影した画像を記事に使うようにしましょう。その方が信頼、信用もあると思います。ちゃんと実際に使っていることがわかります。

 

 

3、記事の最後にアフィリエイトリンクがない
   記事本文にオリジナルの情報を入れ、商品紹介をしっかりしているにもかかわらず、最後にアフィリエイトリンクがない記事があります。商品を売るためには、販売ページへの誘導は欠かせません。しっかりと記事の最後にはアフィリエイトリンクを貼り、成果につなげましょう。

 

 

4、写真のサムネイル拡大機能を使っている
   投稿した写真をサムネイル(小さいサイズ)で表示し、クリックすると写真が拡大表示される機能は、使う必要はありません。ユーザーのとってはクリックする手間が増えるだけです。はじめから適度な大きさの写真を貼り付けておきましょう

 

 

5、問い合わせ先がない
   個人のWebサイトやブログでもお問い合わせフォームは用意しておきましょう。設置されていないと、ファンレターやECサイトからの連絡を受け取ることができずに、チャンスを逃してしまう可能性があります。

 

 

6、商品名の間違いや誤字脱字がある
    せっかく商品を紹介しているのに誤字脱字が多いと「あれ?」となってしまいます。はじめは、文章を書くことに不慣れで間違いも多くはなってしまうと思いますが、最後にもう一度読み返し見直しましょう。書いている本人は「正しく書いているつもり」でも思い込みで間違った文言のままということもあります。僕もこれはたまにやってしまいがちなので、皆さんも気を付けましょう。

 

 

7、まとめ
 小さなミスで売り上げなどは変わってきます。そこが直れば売り上げが上がったという話も聞きます。それくらい重要なことです。うまくいかないことにはないかしら原因はあります。そこに気づくことが出来るか?今もう一度、自分のサイト、ブログを見直していましょう。

 

 

副業、ネットビジネスでうまくいかない。稼ぎたいけど稼げない。など、質問、相談がある方は sky10chord03(ラインID)まで! 「ブログ見ました」とメッセージください。24時間受付中です。今なら、「PC1台で月3万稼ぐ方法をプレゼントしています」

 

PS:自分オリジナルをサイト、ブログならこれがオススメ!これからの人にも!