読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートの「成り上がり日記」

旅のことや日常のことを書いていきます

世界が認めたケラマの海!この夏ケラマ諸島に行ってみよう!

最近初めてダイビングをしてすっかりはまってしまい、今年の夏にライセンスを取りにいこうと今から計画を立てています。

そこで今日はこれから僕もダイビングをしてみたいお勧めなダイビングスポット、ケラマ諸島について話していこうかなと思います。

 

世界が認めたケラマの海!ケラマ諸島に行ってみよう!

 

 

ケラマ諸島とは

那覇から西へ約40キロに位置し、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島の4つの有人島と20余りの島々から成る。島々の周辺は美しいサンゴやビーチに囲まれ、ダイビングスポットも多い。2014年には国定公園に指定されました。

 

f:id:sky_chord1003:20170526130420p:plain

 

アクセス

どの島も、那覇の泊港から船でアクセス。

  • 渡嘉敷島へは、高速船で約35分、フェリーで約70分。
  • 座間味島・阿嘉島へは高速船で50〜70分、フェリーで90〜135分。
  • 慶留間島は阿嘉島から車で約15分

 

島内交通

港からは宿やダイビングサービスの送迎車を利用。座間味島と渡嘉敷島にはレンタカーがあるが、数は多くない。徒歩またはレンタルサイクリング&バイクが一般的。

 

座間味・阿嘉・慶留間

座間味村に属する三島で、座間味島はケラマの中で最もダイビングサービスが多く、観光客も大勢訪れてにぎやか。阿嘉島と慶留間島は人口が少なく、素朴で静かな雰囲気が漂う。のんびりしたい人にはオススメ!スポット数が多く、内湾の穏やかなサンゴスポットと、外洋のワイルドなスポットがバランスよく存在している。

 

f:id:sky_chord1003:20170526132502j:plain

*座間味島 古座間味ビーチ

 

f:id:sky_chord1003:20170526132607j:plain

*阿嘉島 ニシバマビーチ

 

f:id:sky_chord1003:20170526132751j:plain

*慶留間島

 

アフターダイブ

綺麗なビーチでのんびりスノーケリングもあり!

白砂が美しい座間味島の古座間味ビーチや阿嘉島にニシバマは、スノーケリングも気持ちがいい。いずれも集落から徒歩や島内バスでアクセス。

古座間味ビーチには行ったことがありますが、ほとんどの人が徒歩。あとはレンタルサイクリング&バイクで行く人が多い。

 

ホテル情報

民宿やどかり 

住所:901-3403 沖縄県, 座間味村, 字阿真142,

 

f:id:sky_chord1003:20170526135508j:plain

 

この宿泊施設はビーチまで徒歩3分です。 民宿やどかりは座間味島の手つかずの自然に囲まれた宿泊施設で、きれいな夕日で有名な美しい阿真ビーチから徒歩わずか3分に位置しています。館内全域で無料Wi-Fiを利用できます。

 

f:id:sky_chord1003:20170526135538j:plain

渡嘉敷島

ケラマ海峡の東側にある、ケラマ諸島最大の島。山が多く、豊かな緑に覆われている。港周辺や阿波連集落に小さないざかなやみやげ物屋が数軒あるほか繁華街もなく、離島らしい素朴な雰囲気が漂う。那覇から一番近く施設が整ったビーチもあるので、ダイバー以外の観光客も多い。

 

f:id:sky_chord1003:20170526133045j:plain

*渡嘉敷島 阿波連ビーチ

 

アフターダイブ 

阿波連ビーチでマリンアクティビティを楽しむ!

阿波連集落前に広がる白砂のビーチ。湾状になっているので穏やかで、スノーケリングのほか、バナナボートなどのマリンスポーツが楽しめる。トイレやシャワーなどの施設や、パラソルなどのレンタルも充実。

ホテル情報

ケラマバックパッカーズ 

住所:901-3501 沖縄県, 渡嘉敷村, 渡嘉敷40番地

 

f:id:sky_chord1003:20170526135006j:plain

 

ケラマバックパッカーズは、渡嘉敷島の東海岸から徒歩わずか10分以内の場所に位置し、庭園、館内全域でのWi-Fi、渡嘉敷港からの無料ピックアップサービス(要予約)を提供しています。

 

f:id:sky_chord1003:20170526135156j:plain

 

ダイビングスタイル

各島によってダイビングスタイルが異なる。

座間味・阿嘉・慶留間

1日2〜3ボートダイブが基本。各スポットまでは5〜20分と近く、1ダイブごとに港に戻りランチも食堂や宿で取ることが多い。海況が良い夏場は外洋に遠出したり、無人島で休憩することも。

渡嘉敷島

1日2〜3ボートダイブが基本で、1ダイブごとに島に戻る。島を囲むようにスポットが点在し、穏やかな内湾スポットはビギナーでも安心して潜れる。ドリフトは少なく、アニカリングして潜ることが多い。

 

まとめ

沖縄の海の綺麗さを目的としていくのならやっぱり本島より島に行くべき。そして時期としては「7〜8月」がベストシーズン。その時期は「ケラマブルー」と呼ばれるほど海の色は鮮やかで感動すること間違いなし。僕もあれを見て感動した一人です。

この時はダイビングをしなかったんですが、ライセンスを取って、今度は海の中をみたいと思います。

 

f:id:sky_chord1003:20170216233716j:plain

*去年の7月に行った古座間味ビーチ

 

 座間味に実際に行った時のことが書いてあります。

sky-chord1003.hatenadiary.jp